ケータリングとデリバリーサービスの違いとは?

ケータリングとデリバリーサービスの違いとは?

料理を注文して指定の場所に届けるサービスとして、ケータリングとデリバリーが存在します。
似ているようで違う二つの内容を理解すれば、シチュエーションに合わせた最適なサービスを利用するのに役立ちます。
ケータリングとは、客が指定した場所に料理人がやってきて、その場所で調理と提供を行う出張型サービスのことです。
パーティーやイベントを行う際に注文を行えば、料理人が出張してきて料理の提供を行ってくれるだけでなく、配膳や後片付けなども行ってくれます。
ただし、どの程度をサービス範囲に含むかは事業者によって異なるので、事前にしっかりと確認することが大切です。
パーティー全体のサポートを行う場合、会場の設営や演出なども丸ごと行う場合もあります。
デリバリーはケータリングと異なり、料理などの注文を受けて商品を指定された場所に配達してくれるサービスのことです。
宅配ピザなどが代表的な例で、近年では様々な料理が宅配可能になっています。

イベントがあるときにケータリングを利用する

イベントがあるときにケータリングを利用すれば便利になります。
いろいろなイベントがあるときにケータリングを利用すれば、自分で料理を用意する必要がありません。
いろいろな料理を作らなければいけないと、時間と手間がかかってきますが、ケータリングを利用すれば料理を用意してもらうことができるので便利です。
困ったときには依頼してみるとよいでしょう。
依頼した時、好きな料理を用意してくれるので、好みの食事を提案してみるとよいです。
たとえば、若い人たちが多く参加する場合には、洋食を用意してもらうことができます。
洋食であれば、若い人もおいしく食することができますし、色どりも豊かなので目で見て楽しむことが可能です。
ほかにも中華や和食も用意してくれるので、その時の参加者や好みに合わせて依頼してみるとよいです。
その時々によって好みの食事を食べることができるのでおいしく満足することができます。
ケータリングを利用すれば、多くの方が満足できるでしょう。

ケータリングに関する情報サイト
ケータリングの雑学

このサイトでは、宴会などでよく利用されるケータリングについての雑学について紹介を行います。デリバリーと異なり、単に料理などを持ってくるというだけでなく、パーティーなどの華やかな場面を盛り立てるというような事を含め、会場全般のコーディネートします。そのために様々な料理の提供とともに、食器やテーブルなどのパーティーに必要な備品のセッティングを行い、パーティーが終わった後の後片付けや原状回復まで行います。

Search